top of page
検索
  • 執筆者の写真Tomo Kanemaru

ゲノム医療法成立に尽力

参議院本会議で「良質かつ適切なゲノム医療を国民が安心して受けられるようにするための施策の総合的かつ計画的な推進に関する法律案・ゲノム法案」が賛成多数で可決され、日本で初めてのゲノム関連法が成立致しました。

8年前、薬師寺みちよ元参議院議員が立ち上げた「遺伝医療・ビジネスを取り巻く諸課題を考える勉強会」に参加。

5年前に超党派「適切な遺伝医療を進めるための社会的環境の整備を目指す議員連盟」設立。

我が国において、遺伝情報・ゲノム情報に関する法整備がなされていない現状から、250を超える学術・患者・産業等各団体から要請を受け、立法に向け、議連事務局長として取り組んで参りました。

様々な困難もありましたが、本当に多くの皆様のご尽力により、本日8年越しの悲願であったゲノム法が成立となりました。

万感の思いを込めて、ご尽力頂いた全ての皆様に心から感謝を申し上げます。

大きな第一歩を踏み出すことができましたが、立法した責任を改めて胸に刻み、遺伝情報、ゲノム情報が適切に管理され、差別・不利益な取り扱いが決してないよう、また生命倫理への十分な配慮の上で、適切なゲノム医療を国民の皆様が安心して受けられる環境整備を実現するため、引き続き精一杯努力して参ります。



閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page