検索

『オミクロン感染症対策支援法案など3法案』趣旨説明で登壇

 3月31日、政府提出「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する 法律等の一部を改正する法律案」(薬機法等改正案)と立憲民主党が「対案」として提出 した「3法案...(1)オミクロン・感染症対策支援法案、(2)『コロナかかりつけ医』法案 、(3)『日本版EUA』特定医薬品特別措置法案」の趣旨説明・質疑が行われました。冒頭 、趣旨説明を中島衆院議員が行い、コロナ過の2年間で「自宅や高齢者施設での療養者が 、医療にアクセスできずにお亡くなりになる『自宅放置死』『高齢者施設死』が繰り返さ れた」と指摘、「二度とこうした事態が発生しないようにすべき」と強調しました。

その上で、「『コロナかかりつけ医』により、必要な方が、必 要な時に確実に医療にアクセスでき、早期治療を実現する仕組み」を提案するとともに 、「有用な医薬品を迅速に供給する仕組みを構築する」内容だと説明しました。また、「 自宅放置死遺族会の思いを反映した内容」だと述べ、趣旨説明を終えました。

閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示